江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−
 「令和4年度菊舎顕彰俳句大会
のご案内
行事予定
 「復刻版手折菊」の
無償提供について
こちら
 「菊舎顕彰会会報
  第22号
」を
発行しました。
顕彰会の紹介
 小冊子
菊舎のおはなし」を
販売します。
「菊舎のおはなし」
 「菊舎をご縁に」を
更新しました。
「菊舎をご縁に」
更新履歴
2022/7/7
行事予定」の更新


2022/6/5
菊舎をご縁に」の更新


2022/5/26
行事予定」の更新
菊舎のおはなし」の更新


2022/5/6
菊舎をご縁に」の更新


2022/4/18
行事予定」の更新


2022/3/19
顕彰会の紹介
  の更新


2022/2/27
行事予定」の更新
菊舎をご縁に
  の更新


2022/2/23
行事予定」の更新


2022/2/20
行事予定」の更新


2022/2/13
行事予定」の更新


2022/2/6
行事予定」の更新


2022/1/30
行事予定」の更新


2022/1/24
菊舎のおはなし」の掲載


2022/1/17
行事予定」の更新


2022/1/13
行事予定」の更新


2022/1/13
行事予定」の更新


2021/12/19
田上菊舎展 特設サイト」の公開


2021/12/19
行事予定」の更新


2021/11/19
菊舎をご縁に」の更新


2021/11/13
書籍案内」の更新


2021/11/03
菊舎をご縁に」を掲載


2021/06/20
きぬたの音」の
掲載


2021/06/13
行事予定」の更新


2021/01/19
行事予定」の更新


2020年以前の更新履歴

菊舎顕彰会
〒759-5512
山口県下関市豊北町田耕795
電話/FAX 083-783-0734
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→
【十月の菊舎句】

おなじ道に脱ぎあふ露の笠と笠
三十二歳 美濃岩手   


 天明四年(一七八四)四月二十五日、多くの人に見送られ江戸を出立した菊舎は、東海道を西に進み、五月五日に美濃に着く。 江戸から帰郷する師の大野傘狂を待ち、養老の瀧などにも赴く。 ここで、紀伊日方の正眼寺の僧・萍左と初めて出合い喜ぶ。
  うつる影もわけてちらすか瀧の月 菊舎
  秋さびず老の名のある瀧ながら  萍左

107341

Yesterday: 10 Today: 8

ホームへ