江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−
 「菊舎をご縁に」を
更新しました。
「菊舎をご縁に」
 「菊舎顕彰会会報
  第22号
」を
発行しました。
顕彰会の紹介
 小冊子
菊舎のおはなし」を
販売します。
「菊舎のおはなし」
更新履歴
2022/6/5
菊舎をご縁に」の更新


2022/5/26
行事予定」の更新
菊舎のおはなし」の更新


2022/5/6
菊舎をご縁に」の更新


2022/4/18
行事予定」の更新


2022/3/19
顕彰会の紹介
  の更新


2022/2/27
行事予定」の更新
菊舎をご縁に
  の更新


2022/2/23
行事予定」の更新


2022/2/20
行事予定」の更新


2022/2/13
行事予定」の更新


2022/2/6
行事予定」の更新


2022/1/30
行事予定」の更新


2022/1/24
菊舎のおはなし」の掲載


2022/1/17
行事予定」の更新


2022/1/13
行事予定」の更新


2022/1/13
行事予定」の更新


2021/12/19
田上菊舎展 特設サイト」の公開


2021/12/19
行事予定」の更新


2021/11/19
菊舎をご縁に」の更新


2021/11/13
書籍案内」の更新


2021/11/03
菊舎をご縁に」を掲載


2021/06/20
きぬたの音」の
掲載


2021/06/13
行事予定」の更新


2021/01/19
行事予定」の更新


2020年以前の更新履歴

菊舎顕彰会
〒759-5512
山口県下関市豊北町田耕795
電話/FAX 083-783-0734
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→
【七月の菊舎句】

柳桜も葉にそよぐすゞみかな
床机から瀬ぶみして見る涼かな

五十四歳 京都   

 この大暑。自然と涼しげな俳句に目が行く。京の四条河原の夕景を詠んだ二句。
江戸時代と現在とでは、気温差はかなりあると思うが、旅人にとって、夏は難儀な季節であったにちがいない。 涼を求めて川に足を踏み入れたくなる昨今である


106558

Yesterday: 5 Today: 1

ホームへ