江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−

磯部会長の新年挨拶

更新履歴
 

【1月の菊舎句】

―明立つ春のいさみに、先づと琴をかきならし、
そこに千本松の風景も遠からぬより―

()にや通ふ千もとの松の初調
          佐賀 四十六歳

嘉瀬川河川敷のバルーン会場本部席
あたりを、昔は千本松と言ったという。
有明海の潮風による塩害防止のため、
海岸に沢山の松が植えられていたが、
のちに、松林は伐採、代りの竹林も
堤防に造成。そして、川の改修工事と
時代の流れと共に、菊舎の見た風景は
変わり続けていく。しかし、眼を閉じて
一句を口ずさむと、時空を超え菊舎の
世界が甦るのがうれしい。
     
ね年を寿ぎ、「ね」を頭に・・・。

菊舎顕彰会
〒759-5512山口県下関市豊北町田耕795
電話/FAX 083-783-0734
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→

097563

Yesterday: 10 Today: 1

ホームへ