江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−
 「菊舎顕彰会会報第21号」を発行しました。
顕彰会の紹介」よりご覧ください。
 下関市役所4階(食堂・売店近く)にある展示コーナーで田上菊舎展が始まりました。
市役所にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
行事予定
 コロナ禍により2020年の行事の殆どが中止となったため、会員間の親交を図るために今回特別に冊子「菊舎便り」を発行しました。
会員になられた方には、菊舎便り俳句大会の応募用紙を発送させていただきました。
磯部会長の
「菊舎便り」発刊に際し
(pdf)
更新履歴
 


【4月の菊舎句】

野遊や名もしれぬ連と又遊び
     長府 七十歳


二百年前、徳応寺境内に亡き両親の文塚を建立した。
旅先の菊舎に宛てた父母からの手紙の数々を埋め、碑表に
「雲となる花の父母なり春の雨」の句を彫り供養した。
冒頭句は、その文塚建立祝いの席で詠んだ一句だが、
いかにも遊びを業とした菊舎らしい俳句といえよう。
行動に制約のかかるコロナ禍の現状、より一層の郷愁を誘われる。

菊舎顕彰会
〒759-5512山口県下関市豊北町田耕795
電話/FAX 083-783-0734
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→

102060

Yesterday: 2 Today: 7

ホームへ