江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−

4月21日の総会で会長が
岡昌子から磯部多恵子に
交代致しました。
岡昌子退任の挨拶(pdf)

また規約も改正されました。
改正規約
なお、岡は引き続き一字庵
十一世継承者に留まります。


H30 会報 第19号

PDFファイルをご覧ください。
更新履歴
 

4月の菊舎句】

紅うらの吹れ
連れあり汐干がた


九代将軍家治の側近もつとめた
浮世絵師・細田鳥文斎栄之の
「美人と蛤画」に添えた菊舎の俳句。
  さすがに歌麿とともに人気が
あった絵師だけに見事。
菊舎は当代一流の人物と親交し
多くの合作を遺している。

菊舎顕彰会
〒759-5512山口県下関市豊北町田耕4454
電話/FAX 083-783-0055
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→

093898

Yesterday: 17 Today: 20

ホームへ