江戸時代、下関の生んだ旅する女流文人「田上菊舎たがみきくしゃ」を顕彰する菊舎顕彰会のページです。
−お知らせ−

更新履歴
 

【2月の菊舎句】

落ちたまゝに咲て流るゝ椿かな
         江戸 三十二歳

椿好きの夫が植えた様々な種類の
椿が、紅く白く、まだらにと咲き分け、
庭歩きの目を楽しませてくれる。
豪華な紅椿も良いが、一輪挿し
には可憐な藪椿が似合う。
はらはらと花びらの散る山茶花
に対し、ぽとりと散る落椿の潔さを
愛する詩人も多い。菊舎六十八歳作の
吹れながら遠くもちらぬ椿かな
に、遠出をやめた当時の彼女の
心境も見え共感を覚える。

菊舎顕彰会
〒759-5512山口県下関市豊北町田耕795
電話/FAX 083-783-0734
e-mail:info@kikusha.com
ご意見等何でもどうぞ→

097940

Yesterday: 9 Today: 2

ホームへ