菊舎物語「枯淡の花」連載に寄せて
                                菊舎顕彰会会員 中村 佑

 月に一度、様々な分野の人達が集まって杯を交わす「三余の会」と名付けられた飲み会が開かれます。大層な目的や目標がある訳ではありません。お酒と雑談だけが目的です。毒にも薬にもならないか、というと存外そうでもないのです。

 年齢、性別、賞罰、職業、信仰、貧富は問われませんが、ただひとつ悪意のある人は駄目なのです。その所為でしょう、参加した後は必ず温かい気持ちを土産に持って帰ることが出来ます。

 その会から、A4一枚を限度に毎月一話菊舎の話しを書くよう促されて書き始めたのが4年前。虚実ないまぜに「枯淡の花」と題して書いた話が既に50話になりました。

 この度、岡会長にその拙文を取り上げていただき、菊舎顕彰会ホームページに連載していただけることになりました。

 菊舎の旅をモチーフにして書きましたが総てが事実かと言えば決してそうではありません。むしろ、小さな事実から想を得て作り上げた、まるっきりの作り話だというべきでしょう。

 その辺りを斟酌いただき、A4ぎゅうぎゅう詰めでは読みにくいので縦書きに編集し直した最終回までの長丁場を、どうぞ寛容のお心でお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

      菊舎物語枯淡の花
 
 1. 流れ星 クリックして下さい

2018.4.14


Pdfファイル

 
 2. わび助 クリックして下さい
 2018.4.23  Pdfファイル
   ★ ホームへ